2020年02月29日

お肌水分100%の体験を!④

みなさんが化粧水を使うとき、どれくらいの量を使っていますか?

使用量の説明の通りに、500円玉の大きさで?
感覚で?



色々かもしれませんが、
私はまず化粧水のボトルなどに書いてある使用量を使ってみてお肌を観察します。



何を観察するのか・・・?というと

【お肌の水分量が100かどうか?】です!



え?そんなのどうやってわかるの?
と思われる方もいらっしゃるかと思いますが

見方は簡単で、

「手のひらをほっぺに当てて離そうとするときにほっぺが手に吸い付くようになること」
それが潤い満タン!お肌水分100!の状態なのです。



朝のスキンケアで満タンにしてあげることで、
夕方乾燥でパリパリ!なんて事態を防くことも出来ます。


満タンにしてあげることで乾燥が防げますので、
シワやたるみ予防、余計な皮脂も出ないのでテカリ予防にもなります。



もちろん外側からだけでなく、
お水を意識して摂ることで、内側からの潤い補給も忘れてはなりません!


(ちなみにコーヒー等カフェインの入っているもの、砂糖など甘味料が入っている飲料は水分補給とは考えません!)



私は朝晩共にパックをして、その間に他の準備をしたりマッサージをするなどして満タンにしていますよ^ ^

そして朝は白湯!白湯は身体を温めますし水分補給にもぴったりです!



※コーヒーは飲んだらその倍のお水を飲むのが水分補給のコツ。
だから喫茶店では必ずお水が出てくるのですね^ ^

今日もお読みくださりありがとうございました❤︎

yuka♪美育家  


2020年02月22日

上京したら肌荒れになったお話し〜お水の大切さ〜③

私は島根県出身なのですが、上京してびっくりしたことがあります。


上京して1週間くらいの頃、
あれ?明らかに肌が荒れてる!?
と驚愕しました。


なんだかカサカサするような、
なんだかちょっとくすんでいるような?


なんでだろう?と考えてハッとしたのは…

水だ!水が違うんだ!

ということ…




同じ「水」のハズだけれど、
島根県の水と東京の水は違うのです。

シャワーなど身体に浴びる水もですし、お料理に使う水もそう。


例えば旅行中は便秘になりがち・・・という方は多いのではないでしょうか?
それと同じように、私は当時まさに人生初の便秘を経験していたのです!





硬水と軟水で味が違うように、
見た目は同じ「水」でも成分が違っていることがあります。

すると
水の「粒子のきめが細かいもの」と「粒子の少し大きなもの」と違いが生まれます。
(個人的な肌感覚になりますが、島根のお水はとってもきめ細やかでまろやかなのです!)


違いがあるなら身体やお肌にも違う影響を与えるのは当然ですね!


私は、飲み水を自分に合うものにして多めに摂るようにしたり、
しっかり洗い落とすことなど、スキンケアの見直しをすることで少しずつ自分にフィットさせていきました。
あとは東京の水に慣れた、というのもあります。笑




もしも今肌荒れや乾燥に悩んでいたら、
”お水を変えてみる” というのをお勧めします。

いつもは硬水だけど、軟水に変えるとか、
シャワーヘッドを変えて、浄水されたものをお風呂で使うなど。



単純に水分量を増やしてみるのもおススメです!
お水を飲むのが苦手という方は意外と多いのですが、自分が美味しい!と思えるお水は必ずあると私は思うのです。

人間の70%は水分ですからね^ ^

色々飲みくらべみるのは楽しいですよ!




私は水分量が減るとやはりお肌の元気がなくなります。
くすんで見えたり乾燥したり…

お水ひとつでも肌は変わります。



今日もたくさんお水飲めたな!と、お水を飲むことが自分を褒めるポイントになることも!笑




身近な存在がゆえに、自分に合ってるかどうか?を気づきにくい水。
だからこそ、ほんのちょっと意識を向けることで効果を得ることが出来ます。


いつもと違うお水を試してみませんか?

今日もお読みくださりありがとうございます^ ^

yuka♪美育家  


2020年02月15日

美容でワタシをもっと好きになる!②

突然ですが、

綺麗になるために必要なものは何でしょう?


ブランド物のコスメ?
高い美容液?
週1のエステ?
野菜たっぷりの食事?


もちろんあればあったで素敵ですが・・・


1番必須なのは

【綺麗になりたいな】 という気持ち。




しかし、これを阻害するものがあります。

それは・・・??


【自分を否定すること】 なのです。

私なんて・・・
私なんかが・・・
どうせ・・・
というちょっとした自己否定が、我慢や妥協やあきらめとなり【綺麗】を阻害してしまうのです。


欲しかった口紅やワンピースがあるのに、どうせ私には似合わないとあきらめたり、
私なんかがこんなに頑張ってもね・・・とホントはやりたいのに我慢して、




私にも覚えがあります!涙
綺麗になりたいと思うのにそれをやらないのってとてもとてもストレスなのですよね。

それは最初は小さな我慢でも、
「自信のない自分」を育ててしまうのです。



逆に言えば、

着てみたかった服を着る
綺麗と思った口紅をつけてみる
綺麗になりたいと思う自分を認めてみる

・・・たったこれだけのことが自信を育てます。
自信が育つと自分のことを素直に好きだと思えます。

そして大好きな自分のために何かを選んだりやることはとても楽しいもの❤︎


小さなことでも自分のために何かが出来るとさらに自分に自信が持て、自分を好きになれます。



その小さなことは「美容」の中にたくさん見つけることが出来ます!


いつもよりたっぷりクリームを塗る
夜更かししないで早く寝る
化粧水の量をちょっぴり増やしてみる
つけたことのない色をメイクやファッションに取り入れてみる
水をたくさん飲んでみる
お風呂にゆっくり浸かってみる


どれもこれも小さな小さなことだけれど、
でもそれは誰かと比べてどうこうではなく、
確実に自分のためのもの。
それを自覚してやってみる。


美容はやらなくてはならないもの!ではなく、
自分のためにやってあげられる素敵なことなのです❤︎


「綺麗」も「自信」も「美容」を通して育めます!

そして、自分を好きでいることは1番の美容なのではないか?
私はそんな風に感じています^ ^


今日もお読みくださりありがとうございました!

yuka♪美育家  


2020年02月05日

私が美育をする理由①

それはとてもシンプルに


〝心地よいから!!〟


10代の頃顔中ニキビだらけだった私。
20歳の頃、急激にニキビが減りお肌が綺麗になったことで美容が大好きに!


しかし、頑張るあまり美容は
〝やらなくてはならないもの〟
になってしまいました。



同時に女性として、大人としてなどなど、いろんなタイプの◯◯しなければ!が押し寄せて来て、私は美容も心も迷子に…

あれ?私何が好きなんだろう?
何をやりたいんだろう?
どんな化粧品が合うんだろう?

わからないから誰かの言うことに自分を合わせるしかない。

でもなんだか気持ち良くない、違和感を感じる日々…

そしてある時ハッとしました。


「私にとって心地よいものは、私にしかわからない!」


美容も考え方も、頑張ろう!から、心地よいことしよ〜に変わりました。
何をしたら、どうしたら心地よくなれるだろう?を考え実践し、私はとっても楽になり、それを伝える活動を始めたのです。



美育とはまず ”自分の心地良さを見つけて楽になること” なのです。
それには難しい知識やスキルは必要ありません。
自分に出来る範囲で心地よいことを見つけるのです。



そうすると自分にどんな変化が起こっていくのか?
それを次回のブログでお伝えしますね^ ^


今日も素敵な一日でありますように^ ^

yuka♪美育家